行政は[介護報酬改定で充実された介護職員処遇改善加算について、届け出を行っていない事業者に対して、
その理由を「キャリアパス要件のどの部分が達成困難なのか」「事業所の事務体制に課題があるのか」など、
詳細に調査する]と発表しました。
その事から今後は、処遇改善加算が一般的に普及されていくと思われます。
そこで!!今のうちに処遇改善加算の申請手続きを弊社にお任せ下さい!
加算の取得により、これまでよりも職員の方への賃金を増やすことが可能に!

例えば、50,000円の介護給付費に処遇改善加算Ⅰを算定された場合…

介護保険

訪問介護
6,850円
通所介護
2,950円
グループホーム
5,550円
訪問入浴
2,900円
小規模多機能型居宅介護
5,100円

障害者総合支援

居宅介護
15,150円
 
重度訪問
9,600円
 
放課後等デイサービス
4,050円
 
児童発達支援
3,800円
 
共同生活援助(外部)
8,500円
 
処遇改善加算Ⅰを算定された場合
上記金額が加えられて入金されます。
※その他のサービス、加算Ⅱ~Ⅴも行いますので、ご相談下さい。
 付帯する規定集の作成は手続きの範囲には含みません。
処遇改善加算の一年更新の手続きも承りますので、ご検討よろしくお願い申し上げます。
電話で資料請求・お問合せをするTEL (082)504-0502
パソコンから資料請求・お問合せをする→